ニュース

  1. TOP
  2. ニュース
2018/07/01

Asian Sleep Research Society 開催のお知らせ

井上雄一がアジア睡眠学会の大会長を務めました 
アジア睡眠学会
日程:2018年7月11日ー13日
場所:札幌コンベンションセンター
2018/01/10

第5回睡眠医療冬季セミナー 開催のお知らせ

2018年1月20日(土)21日(日)に、第5回睡眠医療冬季セミナーを開催しました
2017/07/28

井上雄一監修CD 発売のお知らせ

井上雄一監修CD 発売のお知らせ
2017年7月28日発売「眠りに誘うクラシック~睡眠専門医が選んだスペイン楽曲集」が発売されました
https://healingplaza.jp/archive/9472/

2016/12/10

第22回日本睡眠学会 睡眠研究奨励賞を受賞しました

Sasai-Sakuma T, Nishio Y, Yokoi K, Mori E, Inoue Y.
Pareidolias in REM Sleep Behavior Disorder: A Possible Predictive Marker of Lewy Body Diseases?
Sleep. 2017 Feb 1;40(2). doi:10.1093/sleep/zsw045.
2016/10/05

子どもの日中眠気尺度 (PDSS日本語版)

子どもの日中眠気尺度 (Pediatric Daytime Sleepiness Scale: PDSS) 日本語版を開発しました。 子どもを対象とした日中の眠気を測する自記式質問票です。高い信頼性と妥当性が報告されており、 原著者の許可を得たうえで、日本語版の作成と妥当性の評価を行いました。
Komada Y, Breugelmans R, Drake CL, Nakajima S, Tamura N, Tanaka H, Inoue S, Inoue Y. Social jetlag affects subjective daytime sleepiness in school-aged children and adolescents: A study using the Japanese version of the Pediatric Daytime Sleepiness Scale (PDSS-J). Chronobiology International. Chronobiol Int. 2016; 12:1-9.
2016/08/05

日本認知・行動療法学会 内山記念賞を受賞しました

中学生に対する睡眠教育プログラムが睡眠習慣、日中の眠気の改善に与える効果:睡眠教育群と待機群の比較
田村典久,田中秀樹,笹井妙子,井上雄一
行動療法研究, 2016, 41(1), 39-50.
2016/07/10

第41回日本睡眠学会 ベストプレゼンテーション賞を受賞しました

日本睡眠学会第41回定期学術集会 ベストプレゼンテーション賞(2016年7月7日ー8日, 東京)

特発性レム睡眠行動障害患者における複雑錯視誘発検査の有用性
笹井妙子, 西尾慶之, 横井香代子, 森 悦朗, 井上雄一
2016/03/05

World Sleep Society Secretaryに就任しました

World Sleep SocietyのSecretaryに就任しました

Officers
President: Clete Kushida (United States, WSF)
President elect: Charles Morin (Canada, WASM)
Secretary: Yuichi Inoue (Japan, WSF)
Treasurer: Thomas Penzel (Germany, WASM)

http://worldsleepsociety.apps-1and1.com/officers
2015/08/15

ミュンヘン・パラソムニア・スクリーニング日本語版

ミュンヘン・パラソムニア・スクリーニング(Munich Parasomnia Screening: MUPS)日本語版を開発しました。MUPSは、マックス・プランク精神医学研究所で開発・標準化された睡眠時随伴症に関する自記式質問票です。過去の既往ならびに現在の頻度を尋ねる21項目で構成され、高い信頼性と妥当性が報告されており、睡眠時随伴症をスクリーニングする有用なツールです。原著者の許可を得たうえで、日本語版の作成と言語的妥当性の評価を行いました。

Komada Y, Breugelmans R, Fulda S, Nakano S, Watanabe S, Noda C, Nishida S, Inoue Y. Japanese version of the Munich Parasomnia Screening (MUPS): Translation and linguistic validation of a screening instrument for parasomnias and nocturnal behaviors. Neuropsychiatr Dis Treat. 2015 11, 2953-2958

論文は、下記URLよりダウンロードできます。
http://www.dovepress.com/articles.php?article_id=24739.


調査票(日本語版、英語版、ドイツ語版)は、German Sleep Society [DGSM]のサイトよりダウンロードできます。
http://www.dgsm.de/fachinformationen_frageboegen_mups.php?language=german
2015/07/05

市民公開講座のお知らせ

すいみん・ライフ・バランス〜いきいきすごそう、眠りの講座〜 

日時:2015年7月25日(土) 13:30開場 14:00開始
場所:ベルサール新宿グランド コンファレンスセンター
定員:100名
参加費:無料

プログラム
『聞いて得する眠りの秘密』 井上雄一
『子どもを輝かせる眠り力』 駒田陽子
『顔やあごの形といびき』  對木 悟
『働く人の眠い、眠れない』 碓氷 章

共催:東京医科大学睡眠学講座 / 睡眠総合ケアクリニック代々木 / 新宿区医師会
後援:公益財団法人精神・神経科学振興財団 睡眠健康推進機構